■ 研究者情報
学部学科 金沢星稜大学 教養教育部
職種 専任教員
氏名(カナ) テラシマ マサヒコ
氏名(漢字) 寺嶋 雅彦
生年月 1990 年 05 月
 
■ プロフィール
<p> G.W.ライプニッツ(1646-1716)は自らのことを「予定調和の説の著者」と呼びました。彼の足元にも及びませんが、私もライプニッツの精神を受け継ぎ、「調和の哲学者」ないし「ととのいの哲学者」になりたいと思っています。より具体的には、「調和」あるいは「ととのう」という概念の歴史、理論、応用について包括的に研究していきたいと思っています。</p>
<p> この大きな構想の実現に向けて、現在のところ実際に遂行している研究は二つあります。</p>
<p> 一つ目は、ライプニッツを軸にした医学・生物学・哲学思想の研究です。特に最近は、ライプニッツの「予定調和」に焦点を当て、歴史的観点・体系的観点から包括的に研究を行なっています。</p>
<p> 二つ目は、「総合哲学」というあり方の研究です。「調和」という概念を包括的に研究するために、様々な学問領域においてすでに構築された知識を(それらの妥当性を検討しつつ)組み合わせることによって新たな知識を生み出す結合法的、総合的な手法をとりたいと思っています。しかし、そのように「組み合わせる」やり方、つまり、概念の「総合」や「統合」のあり方は決して自明ではありません。そのため、まずは方法を確立するための作業を行なっています。具体的には、歴史的研究として、ライプニッツの「結合法」や、スペンサーの「総合哲学体系」に取り組んでいます。また、理論的研究として、学際的研究の方法論にも取り組んでいます。決して、「分析哲学」(それが何を意味するのかはあまりに多様ですが)と対立関係にあるわけではなく、むしろ積極的にその知見を取り入れ、「総合哲学」の方法を構築し、推進したいなと思っております。</p>
 
■ 研究分野
哲学、倫理学
思想史
科学社会学、科学技術史
 
■ 研究キーワード
哲学
思想史
科学史
学際的研究
ライプニッツ
カント
スペンサー
総合哲学
 
■ 研究業績一覧
(R)経歴 10 件
(R)受賞 1 件
(R)MISC 5 件
(R)論文 10 件
(R)講演・口頭発表等 18 件
(R)書籍等出版物 1 件
(R)所属学協会 6 件
(R)担当経験のある科目 11 件
(R)学歴 3 件
(R)委員歴 2 件
(R)学位 1 件
(R)共同研究・競争的資金等の研究課題 4 件