シラバス参照

印刷
講義名 保育実習Ⅱ
(副題)
開講責任部署 人間科学部こども学科
講義開講時期 前期 講義区分 集中講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 代表時限
学部 人間科学部こども学科
配当年次 3年次
講義日 集中講義
単位数 2単位

担当教員
職種氏名所属
専任教員◎ 三好 伸子金沢星稜大学人間科学部
専任教員連 桃季恵金沢星稜大学人間科学部

授業意図 この実践演習(実習)は、保育士資格を得るために厚生労働省が定めた「保育実習実施基準」に基づいて行われ、保育実習Ⅰで培った知識や技術をさらに深めていきます。特に保育課程、保育指導計画の理解の上に立って、部分実習指導計画から半日の保育指導計画を立案し、保育の連続性を学びます。また、保育における自己評価の重要性を学びます。
科目の具体目標 ① 保育実習Ⅰの学びを土台として、子どもの個々の発達・発育についての理解を深める
② 保育課程(全体的な計画)・年間指導計画・月間保育指導計画・週の指導計画・1日の保育指導計画の関連について学ぶ
③ 子どもの発達に適した指導計画を立案し、実践力を身につける
④ 教員による指導、協議のもとに、自己の振り返りを行い、次の保育実践へと繋げていく
⑤ 地域や家庭における保育所の役割について理解を深める
履修条件 保育士資格取得に関する科目の必要な単位を原則全て取得していること
授業計画表
担当教員/予習・復習テーマ目標・教科書
第1回実習園の方針などを確認しておく保育実習Ⅱの概要保育実習Ⅱの概要を知る。実践演習(実習)の目的・構成・心構えについて知る
第2回指導された内容を次に生かす幼児の保育所生活の理解幼児の保育所生活について理解する。
第3回指導された内容を次に生かす実習記録を用いた子ども理解保育所等の実習記録の書き方と子ども理解のための活用方法を知る。
第4回指導された内容を次に生かす幼児との応答的な関わり合い幼児への応答的な関わり合いについて実践演習する。
第5回指導された内容を次に生かす幼児の発達理解と絵本の活用幼児が興味関心をもつ絵本の活用方法を実践演習する。
第6回指導された内容を次に生かす幼児の発達理解とうたあそび幼児が興味関心をもつうたあそびを実践演習する。
第7回指導された内容を次に生かす乳幼児の発達理解とつくるあそび幼児が興味関心をもつつくるあそびを実践演習する。
第8回指導された内容を次に生かす幼児クラスを想定した部分保育実践①幼児クラスを想定した部分保育案を作成して保育実践演習を行う。
第9回指導された内容を次に生かす幼児クラスを想定した部分保育実践②幼児クラスを想定した部分保育案を作成して保育実践演習を行う。
第10回指導された内容を次に生かす幼児クラスを想定した部分保育実践③幼児クラスを想定した部分保育案を作成して保育実践演習を行う。
第11回指導された内容を次に生かす幼児クラスを想定した運動遊び、室内ゲームあそびについて幼児の気持ちを想像して運動遊び、室内ゲームを体験する。
第12回指導された内容を次に生かす幼児クラスを想定した誕生日会について幼児クラスを想定した誕生日会を実践演習する。
第13回指導された内容を次に生かす幼児クラスを想定した避難訓練幼児クラスを想定した避難訓練を実践演習する。
第14回指導された内容を次に生かす指導案の実践と振り返り指導案に基づく実践演習をした後、自己での振り返り考察を行う。また、教員からの助言を得て、今後に生かす。
第15回実践演習(実習)全体を振り返り、今後に生かす実践演習(実習)の反省・評価大学内における反省会等を通して自己の保育の見直しを行う。自己評価を行い、自己課題を明らかにする。
第16回 演習終了後、実習指導教員(三好・連)から指導を受ける。実習園にご挨拶の送付をする。 
成績評価1(方法・割合・留意事項) 指導案を用いた部分保育実践演習(60%)
成績評価2(方法・割合・留意事項) 授業内課題プリントへの取り組み(40%)
留意事項 ・体調を整えて実践演習(実習)に専念する。
・実技練習、教材製作、指導案作成等積極的に取り組み、実践演習に備える。
・授業内課題プリントは、その日に記入し必ず提出する。
教科書・参考書 【必携】
「実習の手引き」
「保育所保育指針解説書」厚生労働省編 フレーベル館
「幼保連携型認定こども園教育・保育解説書」内閣府・文部科学省・厚生労働省編 フレーベル館
アクティブ・ラーニングの要素 部分保育の実践演習
実務経験の内容 幼稚園教諭、保育士の実務経験を活かして、子ども主体の保育内容が考察できるように実践演習の指導を行う。
メールアドレス 5000013811@st.seiryo-u.ac.jp